スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
2002/5/28
高飛車な振る舞いを許して
そうでもしなきゃあたしを保てないの


過去に戻れないこと 理解ってるのに
想いは消えず留まったまま

忘れ方を知らないあたしは
今も先へ進めない
スポンサーサイト
別窓 | えりりん | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
2002/5/26
想いは消えずに あなたの元へ走った

迷いはなかった




終わらせてお願いだから

あの人からあたしを逃がして
もういつまでも縛られていたくないの
別窓 | えりりん | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
2002/5/5
あたしはこの先
あの人以上に綺麗な人を見ないと思う


会えなくなった今も
たった1通のメールを消せずにいて
それでもあたしは違う誰かと一緒にいる


あたしの存在も
想い出さえも
あなたの中には残っていないのでしょうね


あと何回涙を流せば忘れられる?
別窓 | えりりん | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
2002/4/29
”永遠”なんてモノはない

「あたしだけ」なんて言葉
きっと後悔するよ


理解らないよ

期待しちゃっただなんて笑えるわ
別窓 | えりりん | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
2002/4/6
「だった」だなんて言わないで


誰かに想われているということ。

胸が痛い
別窓 | えりりん | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
錯覚
多分髪をなでられたから


手を繋いで満たされた
ずっと触れたいと願っていたから


「大丈夫?」 の一言で現実に還る

隣に違う人


別窓 | えりりん | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
おまえのことは裏切らない

その言葉だけを信じていました


まだまだ汗ばむ季節だけど
寒がりなあなたは新しいジャケットを着て出掛ける

3万円のジャケット
新しい革のにおいとお香のにおいが入り混じって
買ったばかりなのにもうあなたに馴染んでる

街は夏から秋へと切り替わり
人々の距離も徐々に縮まり始める

あなたの歩幅にあわせて
少し足早に歩く道
周りの景色なんて覚えていないけど
あなたの目線と声だけは
一瞬も逃さなかった

差し出されることのない手
下を向けば左手が寂しいけど
顔を上げれば左側はあたしを笑顔にしてくれる

やっぱり暑いからと
ぶっきらぼうにジャケットを押しつける
だから言ったでしょと
文句を言うあたし

それでも笑顔でいられるのは
あなたは最高のエンターテイナーだから

あごを上げて歩く癖
お気に入りのセレクトショップ
親友との思い出

思い出せばきりがないほど
あなたで埋め尽くされる


秋風薫る夕暮れ
いつもの焼肉屋で交わした約束は
永遠に叶わない

別窓 | ひっちょ | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
| あたしたちの詩集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。