スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
never
あんなにも素直に月が輝くのは
暗闇に消えた太陽が照らすから

あなたがいなければ
見ることの出来なかった光を
今は無き姿を思いながら眺める

地球の裏側でサンサンと輝く太陽を
同じ時間に感じられないけれど
寂しがりなあなたは
自分の存在を月に託して
明日を待っているのでしょう


月は今日という日が終わるのを待ちながら
何を想っているのだろう

あたしがいなくても輝き続けるあなたを
誰よりも必要としていて
片時も忘れることなどない

地球の裏側で
自分の存在を問いながら照らし続ける月光に
せつなさを覚える

だけどあたしは

広大な宇宙で繰り広げられる
この壮絶なストーリーの結末を
知る必要などないのだろう

こんなにも美しく輝いているのだから

スポンサーサイト
別窓 | ひっちょ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| あたしたちの詩集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。