スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
マルボロ
あなたの細い指があたしのカラダをなぞる
首筋に甘い吐息を受けて
洗い立てのやわらかな髪が鼻をかすめる

指先から伝わる体温があたしをオンナに変えてゆく

あなたの熱い舌があたしのカラダをつたう
細く伸びる足を絡ませて
煙草の残り香が部屋を包む

もっと深く 深く

あなたとあたしの距離をもっと近づけて

あなたの温度があたしのカラダを熱くする
重ねた指を解かないで
瞼を閉じればふたり同じ世界にいけるでしょう

だから もっと深く 深く

もっと強く絡ませて
スポンサーサイト
別窓 | ひっちょ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| あたしたちの詩集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。