スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
フロム★ヘヴン
嬉しくて嬉しくて

携帯の着歴を何度も見直した昼下がりを


恋しくて恋しくて

始発を待ちきれなかった明け方を


辛くて辛くて

涙が溢れる夜を


愛しくて愛しくて

触れ合う時間に永遠を願った逢瀬を


寂しくて淋しくて

触れ合うことにしか価値を見出だせなかったあたしたちを


あなたはGIFTと呼んだ

不必要な奴には与えられないGIFT

そう考えよう

ステキに思えるじゃん


間違いなんてひとつもなかった

それがあたしたちに与えられたGIFTなら

間違いなんてひとつもなかった

って

そう思っていてもいいよね?
スポンサーサイト
別窓 | ひっちょ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
樹海
必死に考えて紡ぎ出した言葉で


いつもあなたをガッカリさせていたね


照れ隠しの言葉があなたとあたしの距離を遠ざけていたのに


相変わらずの強がりで
いつも通りあなたをガッカリさせて


何度繰り返してもあたしは変われない


あなたが愛しいのに
別窓 | ひっちょ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
for・・・

“あなたのために”


それが本当に
“あなたのため” じゃなくとも


“あなたが望むなら”


あたしは、応えたい





“あたしのために”



別窓 | ひっちょ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
その一言で


あたしは また




囚われの身
別窓 | ひっちょ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
月と太陽
夜が永遠に続けばいいと願った日々は既に遠く
夜の刹那に安心しているあたしがいる-あと数時間後には朝日が昇る


だけど朝になれば心虚しくなる
何てことないのに
やり過ごし方がわからず
あたしは懲りもせずに夜を待ち侘びている


朝と夜の往復
何てことない日々の繰り返し


誰かに会いたいわけではなく
独りでいたいわけでもない


だけど叶うなら

夜明けの先で待っていて欲しい
何気なく朝日を迎えたい
二度とない新しい日に期待出来るように


そう願いながら

朝を、待つ
別窓 | ひっちょ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
nAkAno
1年目の7月

夢中であなたに恋してた

エレベーターの中で交わしたキスを

今でも鮮明に覚えてる


2年目の7月

あなたを全力で愛してた

何度も交わした肌の温もりを

今でも忘れられずにいる


3年目の7月

あなたには愛しいあの子がいた

届かぬ想いならいっそ忘れてしまおうと

必死になってあなたを遠ざけていた


4年目の7月

変わらずあなたを愛してるあたしがいる

叶わないと知っていても

どうしようもなくあなたを愛してしまう


5年目の7月

出会った頃のあなたと同じ歳になった

いつまであたしはあなたを愛すのだろう

あなたはもういないのに


6、7、8、9、10・・


もうカウントしたくない
別窓 | ひっちょ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
I
今ならわかる


あなたを失うことよりも

あなたを好きな「あたし」を失うことが怖かったの


だけど 許してね


あなたのことは愛していたの

本当に 心から


弱いあたしを許して 
別窓 | ひっちょ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ヨワムシ




「あなたしかいらない」





               なんて、言えなかった。






別窓 | ひっちょ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
S.O.S
同じ場所にいた
隣に座った
言葉を交わした
僕は


出会ってしまった

胸を締め付けて
消えない
追いつくことのできない
君に
別窓 | えりりん | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
Promise
約束って

お互いがそれを覚えているから成り立つんだよ

あなたが約束を忘れてしまったら

あたしの祈りになってしまうよ
別窓 | ひっちょ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| あたしたちの詩集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。