スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
SEASON
イントロを聴くだけで
あなたと過ごした日々が押し寄せてくる
あたしはまだあなたのことを
想い出に出来ずにいるのかな

北口のロータリーを過ぎて
駅前の喧騒を抜けると
小さなアパート
部屋に流れるBGMはいつも同じ

8月
小学校の前で
小さなバケツ用意して
線香花火に火をつけるあなたの右手を
愛おしくて見つめていた夏のはじまり

10月
渋谷の街を並んで歩いた
あなたの荷物はあたしが持って
立ち寄ったUR
小さなリングをふたりで選んだね

1月
あなたは本気であの娘に恋してた
メアドを教えてあげたのはあたし
決着をつけた雪の日
あなたがつぶやいたせつない台詞
今も胸を締め付けるよ

4月
同じ日別々の場所で生まれたあたしたち
「おめでとう」を言い合える奇跡
どうしてもっと大切に出来なかったんだろう
終わりはいつだって想定してたのに

7月
季節は巡り再びあの日
隣りで眠る横顔を見て
あなたとの未来を期待していた歌舞伎町
一週間後に聞く真実を
まだ知らなかったから

振り返ればとめどなく溢れてくるScene
時間はあたしだけを残して過ぎ去っていくの?
ねぇ
足早に歩くあなたの背中を
いつから見失ってた?

何度も思い出すから見慣れた景色
でもね
やっぱり時は確実に過ぎてしまったみたい
見慣れたその景色から
あなたの姿だけが滲んでゆく

――名前を呼ぶ君の声が今も胸に残る
スポンサーサイト
別窓 | ひっちょ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
失光
どんな表情をあたしに向けてるの?

ねぇ・・
あなたの見つめる先にはちゃんと「あたし」がいますか?

此処にいるあたしの目を捉えてくれてる?


黒の世界に取り残さないでね
もうひとりじゃ抜け出せない


愛して強くなり
愛して弱くなる

別窓 | ひっちょ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
きみに読まれない物語
大好きで堪らなかったあのときのあたし
何に代えてもあなた以上に必要なものなど存在しなかった
夢中になればなるほど現実は遠ざかる
それでも
あなたの一番近くに居られる時間があればそれでよかった

片思いってそういうもんなのかもね
愛されなくても愛せるのは
現実を見る必要がないからかもしれない

結局あたしはあなたに恋しているだけで
あなたの為を思うことなど出来なかった

あなたがあたしの名を呼べば何処に居たって駆け付けたけど
それが何を意味するのかを考える余裕すらなかったの

あなたを駄目にしたのはあたしだね
ごめんね

友達にすらなれない二人だけど
この罪はあたしがちゃんと背負うから
あなたは前だけを見て歩いていってね

幸せになってください
夢を現実にしてください
一番近くでそれを見られないのは残念ですが
あなたが幸福なら
あたしの望むものはそれ以外にありません

あなたを好きになってよかった
あなたと出逢えて本当によかった
今なら自信をもって言えるよ

「愛してる」より
「ありがとう」と伝えたいあなたへ
別窓 | ひっちょ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
シロモノ
右から左へと流れるテロップに
真実など見えない

文字が羅列する液晶画面
面白さなど感じない

耳障りな端末の振動
構うなよ

欲しいのはオマエじゃないんだ


虚しさが、

連続する


別窓 | えりりん | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
3分1秒
声を聞けばまた惹かれてしまうこと
わかってた

わかってて電話をかけ直したあたしは
何を期待したんだろうね

半年も会っていないのに
この感情を「好き」と形容するのは
ずるいかな?

でもね

すごく痛いんだよ


別窓 | えりりん | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
Sの衝動
あなたがあたしの躯に侵入するその瞬間の温度を
内側から感じるあなたの存在を
手離してはいけないと心が叫ぶ

快楽は幸せを運ぶのか
絶望は快楽へと繋がるのか
生温い吐息がふたりを包んで
正論が暗闇に溶けてゆく

そんなときあたしはキスをせがむの
絡み合う指を解いて
優しく髪を撫でながら
溢れ出しそうな弱音を塞いでください

「やめて」は「やめないで」と同義
エクスタシィは傷みを鈍らせるから
何度でも達しましよう
暗闇は過ちさえも呑み込む

愛しさは交わす度に増してゆく
あたしはそれをずっと前から知ってるの
躯に刻まれたあなたの残像はあたしの心を侵食して
想いばかりが先行してゆくのでしよう

不意に目に入る時計の針
現実は至近距離であたしを待ち構えているのね
刹那を手繰り寄せて夢の延長を望む

最期の瞬間まであたしの躯に触れていて
暗闇が終焉を迎えても
ふたりの余韻が消えませんように
別窓 | ひっちょ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
Red・Killer
履歴から消えたあなたの名前
電話帳の中から探し出すほどの関係じゃない
ボタン一つで繋がれる二人だからよかったの

あたしのこと利用したいならそうしなよ
その代わり
あなたの右側はあたしだけのもの
真横をベンツが通り過ぎても気にしない
世界の半分を切り捨てても構わない
あたしの全ては左側に集約されてる

履歴を何度遡ってもあなたはいない
25時を過ぎても着信はない
ボタン一つ押すことさえ躊躇っている

もうあたしは必要ないってことでしょ
それなのに
あなたと過ごした時間は色褪せない
通り過ぎる車が冷たい風を運ぶ
あたしの左側はあなたの分だけ空いている
全ての世界を失った気持ちになるよ

想い合って別れた二人じゃないから諦め悪いのかな
一度でも「好き」と言われていたら
こんな風にはならなかったのかな

なんて
無駄な問いを重ねても
もうあなたには届かないね

履歴から消えたあなたの名前
小さな端末に残る最後の面影は
たわいもない無邪気なメールでした
別窓 | ひっちょ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
つよがり
あなたに夢中で恋してたあの頃
「好き」の一言は簡単に出てくるのに
その想いとは裏腹に
つよがりばかりを貫いていたね

物分かりのイイ子でいれば
いつまでもあなたの傍に居られると思ってた
「嫌い」より「めんどくさい」と思われるのが怖かった

可愛いげないね
大好きなのに伝わらないのは
あたしのつよがりのせいだとわかっていたのに

今も変わらない
変われないのはあたしの方
大切なものを守りたくて
ううん
あたしはあたしを守りたくて
あなたに見せるあたしは
いつだって同じ表情で笑えるように
泣き顔を隠す術ばかり上達しちゃってさ

伝わらないのはあたしのつよがりのせい
なのにまた嘘を重ねて
笑顔で見送るその瞬間さえも
涙を堪えるので精一杯
あなたの背中に無言で訴えても
そりゃ伝わるわけないよね

「好き」より「今すぐ会いたい」って言いたいよ
用がなくても電話していいかな?
たまにはわがまま言ってあなたを困らせてもいい?


素直になれたら
別窓 | ひっちょ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
Jacket
甘く歯痒いラブソングより

遠回しの愛の言葉より

5秒でいいから抱きしめて

あなたの腕に包まれた
その温度だけが
あたしを救う唯一のそれ


「アイシテル」を100回重ねても

肌の重なりを何度求めても

この不安はきっと消えない

だから、お願い

5秒でいいから抱きしめて

あなたの腕に包まれた
その温度だけが
あたしを救う唯一のそれ
別窓 | ひっちょ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
DREAM
その勇気があれば
あたしたちはもっと一緒に居られたのかな

前を向いて歩いてゆくあなたの後ろ姿を
躊躇なく追い掛けるには
重ねた時間が短すぎたね

手離したくない幸せは確かに此処にあった

だけど

あなたの瞳に映る輝く未来は
あたしの居場所を残してくれないでしょう
別窓 | ひっちょ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| あたしたちの詩集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。