スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
enter
あなたがあたしに馬乗りになって視線を落とす
あたしは唯
あなたに征服されているような気になって
もうあなたのためだけに存在しているのではないかと
現実から離れていくのです


侵入する舌と指

其れをも
躊躇いも無く受け入れる自分に
酔っているのです


漏れる息を
なかを
早く塞いでよ
スポンサーサイト
別窓 | えりりん | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| あたしたちの詩集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。