スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
only
ねぇ

どれだけの嘘の中に
真実を見出そうとした?


皮膚に感じる温度があたたかすぎて
すべてが見えなくなっていた


あなたの存在が唯一で
それ以外はどうでもよかった


手放した数だけ握り返せたら
深い安らぎの中で眠れるのに


なのに どうして


あなたはここにいないのだろう
スポンサーサイト

別窓 | ひっちょ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<確定 | あたしたちの詩集 | 2001/10/24>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| あたしたちの詩集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。