スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
Remember
ねぇ、あなたのそれは
何の証なの?
あなたは誰を愛しているの?
ホントは誰も愛してないの?

それでもあたしは嫉妬してしまうのか
何に?
誰に?

あんなに輝いていたものが
急に鈍る

いろんな想いが輝かせていた
錆びて濁っていることにも気付かずに

心の叫びはうちに秘めて
ずっと変わらないんだね

あたしは何を見てきたの?
あたしは誰を愛していたの?

答えはとっくに知っていたのに


寂しがりなあなた

孤独を好むくせに
独りを拒む
寂しさに慣れなんてないね
だから求めてしまうよね

それでも心を閉ざすのね
誰も寄せ付けないのね

そんなあなたが愛おしく
誰より理解していたつもりなのに
忘れてしまってたよ


I love you


あなたをずっと愛してる
スポンサーサイト

別窓 | ひっちょ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<溢れた感情 | あたしたちの詩集 | NOT you>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| あたしたちの詩集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。