スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
月と太陽
夜が永遠に続けばいいと願った日々は既に遠く
夜の刹那に安心しているあたしがいる-あと数時間後には朝日が昇る


だけど朝になれば心虚しくなる
何てことないのに
やり過ごし方がわからず
あたしは懲りもせずに夜を待ち侘びている


朝と夜の往復
何てことない日々の繰り返し


誰かに会いたいわけではなく
独りでいたいわけでもない


だけど叶うなら

夜明けの先で待っていて欲しい
何気なく朝日を迎えたい
二度とない新しい日に期待出来るように


そう願いながら

朝を、待つ
スポンサーサイト

別窓 | ひっちょ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< | あたしたちの詩集 | nAkAno>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| あたしたちの詩集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。