スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
エス
真夜中の東京
キスから始まる甘いひと時
互いの舌を絡ませて
目を閉じていても伝わるでしょ?

ごつごつした手が静かにあたしの躯を下りてゆく
全神経を指先に
耳元に熱い吐息を感じるでしょ?

ねぇ、朝になれば優しさを忘れてしまうのなら
この暗闇の中だけは精一杯の優しさを見せてよ
ねぇ、まだ逝かせてあげないから
もう少しだけ
躯に収まる違和感に酔っていたいの

ねぇ、朝になれば視線すら合わせないのなら
今だけは甘い言葉であたしを惑わせてよ
ねぇ、まだ寝かせてあげないから
もう一度だけ
舌を絡めて始めからやり直しませう

真夜中の東京
この街に静寂は存在しない
跨がって喘いで
目を閉じれば独りきりでしょ?

ねぇ、朝になれば優しさを忘れてしまうのなら
この暗闇の中だけは精一杯の優しさを見せてよ
ねぇ、まだ逝かせてあげないから
もう少しだけ
躯に収まる違和感に酔っていたいの

ねぇ、朝になれば視線すら合わせないのなら
今だけは甘い言葉であたしを惑わせてよ
ねぇ、まだ寝かせてあげないから
もう一度だけ
舌を絡めて始めからやり直しませう
スポンサーサイト

別窓 | ひっちょ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<Nothing | あたしたちの詩集 | 左 ななめ後ろ>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| あたしたちの詩集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。