スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
just
ひとりじゃやり過ごせない夜
一番に浮かぶ顔は君ではなかった
想われているのに想えない
大切にしたいのにおざなりにしてしまう
「好き」の一言さえ言えない

あなたでは満たされないものを君に求めて
君では満たしきれないものをあなたに求めて
利用するのはお互い様
独りでいられない
それだけ。

君にとってあたしは唯一の女
それを知った上でまた別のキミに抱かれるあたし
必要と利用
その境界線は明確なようで曖昧
“居て欲しい”ことに変わりない

あたしが見つめる先にはあなたの背中
君の視線を後ろ髪に感じながら
解り合えないのはお互い様
独りでいられない
それでも。

“寂しいカラ”って理由にはならないの?
“一緒にイタイ”って何で思うかなんて
“嫌いじゃないカラ”って理由にならない?

「君があなただったらいいのに」なんて
最低だとわかってるけど過ぎってしまう
唯一じゃないのはお互い様
独りになりたくない
それだけ。
スポンサーサイト

別窓 | ひっちょ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<すきなひと | あたしたちの詩集 | Giving>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| あたしたちの詩集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。