スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
シュガー&スパイス
たくさんの人に恋は出来ても、愛にはなかなかたどり着かない
そして1番になった人は簡単には揺るがない

彼女はカレに恋をしたけど
愛していたのはカレではなかった


心から愛してる人の裏切りを許せるのでしょうか
もう二度と会いたくないと言うのは本音なのでしょうか


裏切られても、スキなら許せると思ってた
今でもそう思う
浮気はきっと許してしまう

だけど
ホントに愛してる人に言われた「好き」の一言が
もしも嘘だったとしたら
あたしはその人を許せないかもしれない
過激な言い方をしてしまえば
殺してしまうかもしれない

永遠に嘘を封じるために
偽りの愛を本物に変えるために

それは極論だけど
普通の人はそこで理性が働くのだけど
でもせめて
もう二度と会いたくないと
顔も見たくない
声も聞きたくない
存在を感じたくない
そう思うのでしょう

でもそれは愛が消えるのではなく
愛は絶対に消えないから
もう一度会って
顔を見て
声を聞いて
存在を感じたら
きっとすべてを許して受け入れてしまうから
だからせめて自己防衛のために
会わない努力をするのは
逃げではないと思います


あのメロディーが流れたとき
涙がこぼれそうになった
どうして愛は、一方の気持ちだけではダメなのでしょう
どうしていつまでも消えないのでしょう
なぜ、あたしはあなたを愛せなかったのだろう
なぜ、あなたはあたしを愛してくれたのだろう


だけど今ならわかる気がする
愛されなくても愛せるわけを
スポンサーサイト

別窓 | ひっちょ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<エンドレス | あたしたちの詩集 | 価値>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| あたしたちの詩集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。