スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
願い
もしも永遠があるのなら
今それを証明して

もしも際限があるのなら
今それを示して


わかりにくいのは懲り懲りだから
中途半端な優しさはいらない
突き放すくらいの潔さがちょうどいい

今日が違えば明日も変わる
賭けをしていた
当たり前に期待をしながら
信じた期待は裏切られる
そのはずでしょ
なのに今日に限って違う


諦めの悪いあたしはきっとまた期待してしまう


永遠ではなく
一瞬でもないこの時を
確かに感じる温かさを
どうかあたしから奪わないでください


信じていたい

絶え間無く続く一瞬であるように

終わることのない温もりであるように
スポンサーサイト

別窓 | ひっちょ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<誠実であるということ | あたしたちの詩集 | now>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| あたしたちの詩集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。