スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
誠実であるということ
もうひとりの寂しさは十分だから
次を大切にする
間違いは犯さない

噛み締めるようにあなたは言った


間違い


あたしもいつか
あなたにとっての間違いになるのかな

だけどね

こんなにも笑わせてくれるのはあなただけで
いつも笑っていて欲しいと願えるのもあなただからで

思い当たるところ全部探したんだけど
あなた以外に見つからなそうなんです

だからあたしは
これを
この気持ちを間違いだったとは言いたくない
間違いだったなんて言えない


愛しさは譲れない
絶対に
譲れない

なのに


心はいつも空虚で
掴もうとしているものすら時々霞む

必死で握り締めてたもの

誰にも取られないように
あたしだけのものであるように
そうやって精一杯守ってきたのに
開いてみれば
ありがちな感じに空っぽで
ただ爪痕だけが深く残る


あんなに明確だったものが
いつの間にかぼやけているのは
誰のせいでもなく
あたしの不誠実さゆえなのでしょう
スポンサーサイト

別窓 | ひっちょ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<代償 | あたしたちの詩集 | 願い>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| あたしたちの詩集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。