スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
月夜
忘れることに救いを求めるあたしは

あなたとの思い出すら跡形もなく消し去ってしまおうとしていた

あのときの記憶を呼び起こしては消し

あたしの人生から消えてしまえばいいと思いながら

ゆっくりと過去を振り返る

そうして焼却した想いは

振り返ればまだ消えずにそこにある

いつになったらなかったことに出来るのだろう


思い出に灯火を照らしながら

月夜にあなたを想う
スポンサーサイト

別窓 | ひっちょ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<2002/6/4 | あたしたちの詩集 | 幻惑>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| あたしたちの詩集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。