スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
狂気の朝
どうぞ吸って
煙たがらないから

どうぞお好きに
期待しているから

どうぞ挿して
痛がらないから


要って言って
入ってイッて

死ねばいいのに
別窓 | えりりん | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
miss
あんな行為(こと)
しなければよかった

だって今この手には
何も残っていない


あの時間だけはあたしを見ていてくれたはずだから
それで充分、だなんて
期待していたんだよ
いつかは選ばれるって


事実、それが真実なら
あたしの前で聞かせて欲しかった

あたしの眼の前で
別窓 | えりりん | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
秘め事
いつ、どの瞬間から意識し始めたのか
もうわからないけれど
たぶん
体に触れてからだろう

壊したくなかったから
やっぱり
その手を離して良かったんだ

繋ごうとした指が
すり抜けて

ふたり
夢の中へおちていく


好きになってはいけない人

別窓 | えりりん | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
あおぞら
彼に名前を呼ばれるのが
たまらなく好きだった
それは今も変わらない

普通の一言がなんだか特別に感じるのは
好きだから


ねぇ 追いつかせて?

次に会うときは
あなたとの距離が縮まっていますように



別窓 | えりりん | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
確証
想われても、「イエス」とは言えないこと
自分で分かっていたはずなのに

彼の瞳にあたしは映らないから
逃げ道をつくっていたんだ
寂しさを紛らわすために



追いつきたい人がいる

彼の声が聞きたくて
彼の思考に入りたくて
彼に会いたくて

消せない履歴が
何よりの証拠


抑えつけたって
無駄だった

簡単に蓋は外れて
中身は溢れ出した

別窓 | えりりん | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
BACK | あたしたちの詩集 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。